おでかけサービス

2018.10.07

【開催レポート】こどもたちの豊かな感情をはぐくむ『劇団カッパ座』によるぬいぐるみ劇

Web site : https://toyota-kappa.jimdo.com

豊田市には劇団・自主グループ含め、様々な人形劇団があります。学校・サークルなどで上演をみた事がある人が多いのではないでしょうか。小さな人形たちが動く様子に、子どもだけでなく大人も見入ってしまいますよね😁しかし、人形劇でも等身大ぬいぐるみによる人形劇があることを皆さんはご存知ですか?

先日、市民文化会館にて『劇団カッパ座』による「ふたりの王子」という人形劇が公演されました。

劇団カッパ座とは、大阪府に拠点を置く等身大ぬいぐるみ人形劇団です。
「やくそくまもろう」「なかよくしよう」「あいさつしよう」を合言葉に、子どもたちに夢と希望を伝えるため、日本全国で公演を開催し、2018年に結成50年を迎えました。
演目は毎年内容を変え、名作童話・日本昔話はもとより、数々のオリジナル作品を持ち、舞台だけでなく、パビリオン製作、キャラクター人形・衣装制作など、制作部門においても力を入れているそうです。


では、その劇団カッパ座による、ふたりの王子はどんな劇だったのでしょうか❓


まずはおはなしのお爺さんの掛け声とともに、カッパ座のメインキャラクター「きまる」をはじめとする、たくさんの人形達がお出迎え。

 

みんなへの挨拶しに壇上を降り、そばまで来てくれました。間近で人形たちを見ると、なんと人形たちはまばたきをしています。豊かな表情を作るための、カッパ座の人形の特徴なのだそうですが、これには子どももこんな表情(笑)

 

そして物語に突入。
公演中には人形たちが子どもたちに質問をしたりすることもあれば、「あそこにいるよ❗️」「ダメー‼」など子どもたちが人形たちに向けて声を出して応援する事も。

 


途中にはリズム遊びも。お猿さんの真似っこ出来るかな❓
そして、このお猿さん、すごいアクロバットを披露してくれました🙄つい大人も「おぉ〜」という声を出してしまいますよ😆

 


そして物語は終盤へ。


すっかり物語の世界に入り混んでしまった子ども達。

 


登場した人形たちが近くまで挨拶しに来てくれました。さすが王子様人気😁


再び人形たちが舞台に集まり、幕が降りていきます。人形たちとのお別れが少し寂しいですが、これにて演目は終了。あっという間の二時間でした。

~ママサポーターの感想~
人形たちの歌もあり、ミュージカルの様な印象もありますが、声の掛け合いやリズム遊びなど、ただ舞台を見ているだけの劇ではなく、子供たちと人形たちが一緒になって楽しむ参加型劇場だなと感じました。
ただいくら劇に夢中とはいえ、お子様が長時間大人しく座っていられるか、親御さんには心配かと思います。
けれどもご安心を。公演を休憩を挟んでおり、その時間には人形たちとの写真撮影(有料。休憩中はお姫様との撮影に女の子がかなり並んだとか)や、グッズの販売、前座に登場した豊田市のバトンクラブの方々によるバトン体験などが行われていました。


私の息子はこの時バトン体験で身体を動かしたのがよかったようで、最後までしっかり見ることが出来ました😊
普段見る人形劇と一味違った人形劇は、とても楽しかったです😆

すでに2019年度劇団カッパ座豊田公演『オズのまほうつかい』上演決定しております!!

http://www.kappa-za.co.jp/main/sakuhin/oz.html
なかなか普通の人形劇では見られない、等身大人形劇カッパ座の公演にどうぞご注目下さい!

※この記事の写真は特別許可を頂いて撮影しております。

前回の記事→ http://toyotawaiwai.net/?p=2978

豊田カッパ友の会 https://toyota-kappa.jimdo.com
〒471-0034 愛知県豊田市小坂本町6丁目5-6
Tel: (0565) 33-5283 FAX:(0565)35-3314

************

とよた子育てサポート隊 サポーター

とみこ

 

対象で探す

閉じる

地区で探す

閉じる

場所で探す

閉じる

内容で探す

 
閉じる

ピンポイント検索

閉じる

キーワードで探す

閉じる

フリーワードで探す

タグ一覧へ
Go to TOP